トーカ堂のカーナビ「ナビーゴ」

トーカ堂のカーナビ「ナビーゴ」を徹底ガイド!

カーナビ「ナビーゴ」は、トーカ堂の人気商品の一つです。 最新機能も充実していて、ワイド液晶タッチパネルを採用しています。 操作はとっても簡単です。

ナビーゴはトーカ堂オリジナルのモデルですので、他では入手できません。

このサイトでは魅力たっぷりのカーナビ「ナビーゴ」を詳しくご案内いたします。


最近ではカーナビは自動車の必需品ですね。 さまざまなメーカーからさまざまなカーナビが発売されています。

選択肢が増えたのはよいのですが、初めてカーナビを購入するときには迷ってしまいます。 このサイトでは、トーカ堂のカーナビを紹介しながら他のカーナビ事情も説明しています。

必需品とはいえ、安い買い物ではないので納得して購入したいですね。

トーカ堂のカーナビが選ばれる理由とは?

トーカ堂のカーナビが選ばれる理由には、どういものがあるのでしょうか。 一部の人たちの間ではすでに高い評価を得て久しいナビーゴですが、 その理由を探ってみます。

まず、価格の安さが驚異的です。 30,000円を切るようなカーナビを、トーカ堂以外で目にすることはありますでしょうか。 これは、欧米からのルートで仕入れているからならではですね。 何十万円もの大金を支払わなくても、目的地まで分かりやすくガイドしてくれるカーナビが手に入ります。

また、ナビーゴは取り付け・取り外しが簡単なPND(下記参照)だという点。 金額の面で問題がなくても、設置や配線が面倒だと躊躇してしまいますね。 トーカ堂のナビーゴは、ダッシュボードに取り付けるだけで非常に簡単です。 専門の業者に頼む必要もありません。 取り付け・取り外しが非常に簡単なので、複数の車で使い回すということもできてしまいます。

それから、タッチパネル式で操作が簡単というのも見逃せません。 カーナビには画面横のボタンやリモコンで操作するものもありますが、 これだと視線が行ったり来たりするので大変ですね。 その点、タッチパネル式だと思った通りの操作がしやすいので直感的です。 最近では、他のメーカーのカーナビでもタッチパネル式が増えてきました。 トーカ堂のものこの点はしっかり押さえてあります。

トーカ堂のカーナビは、とくにこの3点が特徴ですね。 安さ、取り付けの簡単さ、操作の簡単さ。 よく選ばれるのも納得ですね。

トーカ堂のカーナビは安い!

トーカ堂のカーナビはPNDで取り付けが簡単!

トーカ堂のカーナビはタッチパネル式で操作が簡単!



トーカ堂のナビーゴ(NAVI-GO)の性能とは?

それでは、具体的にナビーゴの性能はどのようになっているのでしょうか。 トーカ堂のナビーゴの性能を詳しくみてみましょう。

画面のサイズは、7インチと8インチのふたつが用意されています。 一般的なDVDのパッケージがだいたい9インチくらいのサイズですから、 それより一回りか二回りほど小さなものをイメージすればよいですね。

もちろん大きな8インチの方が見易いし操作もしやすいですが、価格は高くなります。 7インチは29,800円、8インチは39,800円です。 しっかりナビさえしてさえくれれば、とにかく安い方がよいというなら7インチ少しでも快適にドライブしたいのであれば8インチにするとよいです。

搭載されている地図には、ゼンリンの2011年度版10,000分の1マップが使われています。 ゼンリンといえば、あのグーグルマップでも利用されているものですね。 地図の内容や精度には安心できます。

ナビーゴに登録されている住所は3500万件、電話番号は1000万件、ジャンルは220万件、名称は220万件です。 実際に利用する際は、これらの中から検索して行き先を決定します。 数が多きすぎてイメージが湧きにくいかもしれませんね。 これだけのボリュームがあれば、よほど特殊な使い方をしない限り問題ない、といえるでしょう。

それから、いざというときのための周辺検索も充実しています。 現在地の近くから、コンビニやガソリンスタンドを探したいときはよくありますよね。 そういう時のための機能が周辺検索です。 周辺検索できる対象は次のようなものになります。

病院、駅、ファミリーレストラン、郵便局、ガソリンスタンド、ホテル、ファーストフード店、駐車場、スーパーマーケット、銀行、デパート、コンビニ、インターチェンジ、ラーメン屋、警察署。

これだけあれば、日常的に使うにも、旅行で遠出したときに使うにも十分ですね。 ラーメン屋が調べられるとは、通の方であればうれしい機能でしょう。



自動車への取り付け方法は?

カーナビは自動車への取り付け方法の違いにより4つに分類されます。

オンダッシュ型
自動車のダッシュボードの上にディスプレイモニターを置くタイプです。
インダッシュ型
ディスプレイモニターと1DINスペースに収まるタイプです。
AV一体型
カーオーディオ(CDプレーヤー、ラジオチューナーなど)と、カーナビが一体化したタイプです。
PND(ポータブル・ナビゲーション・デバイス)
カーナビ本体をスタンドから取り外せることができ、 オンダッシュ型と同じようにダッシュボードの上にナビモニターを設置するタイプです。

PND(ポータブル・ナビゲーション・デバイス)

PNDは、カーナビ本体をスタンドから取り外せるので、欧米では防犯上の理由で普及してきました。 近年のPNDはワンセグやSDスロットが搭載されマルチメディアに対応し、多機能になりました。

記憶媒体にも内蔵のフラッシュメモリーもしくはメモリーカードを採用しカーナビ本体が小型化され、 取り付け・取り外しが簡単になり、持ち運びにも大変便利になりました。

日本でもPNDをセカンドカーへの搭載、オートバイ・自転車あるいは徒歩の使用が盛んになり、 今では従来の車載型カーナビからPNDがカーナビの最新トレンドになりました。

日本で販売されているPNDは数十種類になりますが、 中でもトーカ堂オリジナルカーナビ「ナビーゴ」は大画面、高性能、低価格で人気のPNDです。